海外「生ける伝説だ」羽生結弦が驚異の322.36点で全日本制覇!4回転アクセルは両足着氷

26日にフィギュアスケートの全日本選手権の男子フリーが行われ、ショート首位の羽生結弦が合計322.36という圧巻の得点で優勝を果たしました。

両足着氷となったものの、前人未到の4回転アクセルに挑戦し会場を沸かせました。

この優勝で北京オリンピック出場を確定させています。

冬季オリンピック(五輪)2連覇の羽生結弦(27=ANA)が、フリー211・05点の合計322・36点で2年連続6度目の優勝を遂げた。94年ぶりの3連覇が懸かる来年2月の北京オリンピック(五輪)代表最終選考会を兼ねており、優勝者として自動的に代表に内定した。

世界初の成功を目指すクワッドアクセル(4回転半=4A)に試合で初めて挑戦した。2季連続のフリー「天と地と」の冒頭1本目のジャンプに「もちろん挑戦するつもり」と宣言していた通り、投入した。両足着氷で成功はしなかったが、今後の国際スケート連盟(ISU)公認大会での成功に向けて、公式戦で試したことは大きな1歩となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b17c2446b94ce3aa59d05ca226b074c437717dcf

海外のファンからも歓喜の声が続出しています。

海外の反応をまとめましたので御覧ください。

以下、海外の反応コメント

引用

彼はファイターであり、チャレンジャーであり、進歩を続けるアスリートでもある
そして、まだピークに達していないんだ

レジェンド、史上最高
怪我からの復帰、プログラム全体で転倒せずに4A初披露
ユズを誇りに思う

自分のスコアを見た後にとても喜んでいるわね
それが私にとって最も重要なことなの
彼のことを本当に誇りに思うわ

なんというメンタルの強さ!
尊敬せざるを得ない
涙が止まらなかったよ

Wow 今目にしているものが信じられない
彼はとても勇敢で、とてつもない選手ね

かつて、4Aは不可能とも言える夢のような技だったが、今この男はそれを実現する使命を担っている
本当に驚異的な人だ

「天と地と」は私のお気に入りのプログラムの1つで、とても穏やかで力強さを感じる
見るたびに心を動かされるよ

とても軽やかで、うっとりさせるプログラムだ
あの4Aへの挑戦はかなり緊張しているように見えたけど、幸いにも自分の足で踏みとどまることができたね
(なんにせよ、この穏やかで繊細なプログラムを見て、どうして「もう一つの晴明」と呼ぶ人がいるのか、理解に苦しむよ)

私の記憶が正しければ、彼はスピードが速すぎると軸をコントロールできなくなると言っていた
なので、それはジャンプが試行錯誤中であることによって生まれた結果だと思う

「晴明」は戦争に行ってレジェンドになるようなもので、「H&R」はその後の反省と苦しみだと思う
伝わってくる感情は悲しみではないと思うけど、どこか物悲しく、内省的なものがあるのは確かだ
彼のスケート人生の中で、この2つのプログラムは上手く繋がっていると思う
特に「晴明」を先にやったことを考えるとね
似て非なるものだけど、組み合わせるとしっくりくる

たしかに!

史上最高!!!
技術だけでなく、魔法のように優雅なスケーティングも大好きなの
間違いなくフィギュアスケート界のキングよ

素晴らしい、ただただ素晴らしい
幸せすぎて笑みを抑えることができないよ
結弦のスケートを見るのは本当に幸せなことだ!
4Aを入れたんだ、なんて勇敢な人なんだろう!(しかも転倒せずに成功させるところだった)
本当に信じられない

氷上の王様だ! 彼はやり遂げたんだよ、4Aを(完璧ではなくとも)着氷させたんだ!
とてもクリーンで美しいフリープログラムだったよ!

彼を誇りに思う!!!
綺麗に着氷できなかったけど、少なくとも転倒はしなかった!
オリンピックまで健康でいて欲しいなあ
怪我しないことを祈っているよ

みんな4Aについて語っているけど、残りの部分も見事だったよね

芸術の化身だね
アイススケートを何度も何度も好きにさせてくれる存在だ

彼のパフォーマンスを見るたびに驚かされる
飽きることがないんだ
氷上を跳ぶ姿はまるで天使だね
オリンピックで彼のスケートとやり遂げる姿を見るのがとても楽しみだよ

ユズが滑る時代に生きていることは本当にラッキーで恵まれていることだと思う
このスポーツは多くのスケーターが輝きを放ち、そしてすぐに燃え尽きてしまうものなんだけど、彼は10年以上もシニアの舞台で活躍していて、27歳なのに向上心を持って挑戦し続けているんだ

結弦のスケーティングは心と魂にとても響く
美しすぎるよ

プーさんの雨が恋しいよ

彼はまさに別世界の住人だね
全てを兼ね備えている
生ける伝説だ