海外「完璧すぎる」日本の美女がヒロアカの女性キャラフィギュアを2D塗装!

2014年から週刊少年ジャンプで連載され、今もなお根強い人気を誇る『僕のヒーローアカデミア』。

日本のみならず海外でも大人気で、数々のアニメ賞を受賞しています。

批評家サイト「ロッテン・トマト」では、アニメのシーズン1(2016年)が批評家満足度100%、観客満足度90%と早くも最高潮の評価。それにとどまらず、同年には配信サービス・クランチロールによるアニメアワードにて、今年のアニメ賞にノミネート。加えて、今年のヒーロー1位(緑谷出久)、今年のヴィラン3位(死柄木弔)、ベストボーイ賞3位(緑谷出久)、ベストガール賞2位(麗日お茶子)、ベスト戦闘シーン2位(デクvs爆豪:1期7話)、ベストアクション2位を受賞。翌年の同アワードでは1位が増え、さらに多くの賞を受賞している。

シーズン1(入学、USJ襲撃事件編)の評価が非常に高かったこともあり、以降は原作にも注目が高まって漫画部門での受賞も目立ち、2019年には由緒正しきハーベイ賞BestManga部門にまでノミネートされた。

https://realsound.jp/movie/2021/08/post-828894.html

そのヒロアカのキャラクターを二次元に見えるように塗装した動画が海外でも注目されています。

海外の反応をまとめましたので御覧ください。

以下、海外の反応コメント

なんてこった
アメージングだよ!!

購入したい…

3Dの物体をどうやって2Dに見せることができるんだ
これは黒魔術のようなものだよ

魔術とたくさんの影

この魔法を会得するには50年かかるな

スタンドの効果に違いない

彼女は3Dフィギュアを2Dに見せるだけではなく、英語字幕を日本語に見せることもできる!

大笑いしちゃったよw

原型の造形がかなりいいから、その細やかさを表現するのに巧みな塗装が必要であることがよくわかるよ
それに、君の塗装の腕前も伺えるね!
素晴らしい作品だ

あまりの出来の良さに、実際には3Dフィギュアであることを頭で処理できないほどだよ
よくやった!

このアートスタイルが大好きだよ
通常、アニメキャラクターが3Dで描かれているのを見ると「不気味の谷現象」のために気味が悪くなってしまうんだ
人形のように見えすぎて人間とは思えなくなるんだよね
でもこのスタイルはちょうど完璧にフィットしているよ

これがガンプラなどのモデルやフィギュアだったらどうなるか想像してみてくれよ

唯一の問題は完璧すぎることだ
素晴らしい仕事だね!

このシェーディングスタイルには度肝を抜かれたよ
平坦に見えるのが驚異的だ

実際の絵かと思いきや、3Dフィギュアなんだね
幻覚体験のようだけど本当にクールで感銘を受けたよ

全く違うフィギュアに見えるね、素晴らしい出来栄えだ!
あまり考えずに簡単にハイライトや影を入れることができるのには驚かされたよ

このペイントはとてもゴージャスだ!
本物のフィギュアを手に持っているのか、編集された絵なのか区別がつかないよw
リアルだと信じられないぐらい良すぎる
グッジョブ!

このようなアニメのフィギュアや彫像が増えたらいいのになー
ファンタスティックな作品だね

ほとんどの3DモデルのアニメRPGゲームよりも優れているよ
信じられない!

公式の作るフィギュアがこんな感じだったらいいのにな!
アニメスタイルを完璧に表現できているよ!
このような彫像リペイントのためならいくらでも払うよ

白が基調だから、まるで絵に描いたような仕上がりになっているね
かなりいい感じだよ!素敵な作品!

同じフィギュアシリーズがあれば間違いなく買うのに

君の作品はどれも素敵なものばかりだ♥
自分のフィギュアにやってみようと思っているんだけど、台無しにはしたくないんだよね😂

うわーーこのスキルが今すぐにでも欲しいよ! XD

史上最高のペイントチャンネルだ
彼女は3Dをコミックにしてしまった :))