海外「脳がマッサージされている」日本の次世代アーティストが公開した壮麗なMVに海外大興奮

コンポーザーのAyaseとボーカルのIkuraからなる大人気音楽ユニットYOASOBI。

今回は先日公開された「大正浪漫」のMVに寄せられた海外の反応をまとめました。

原作小説「大正ロマンス」の世界観を完璧に再現したクオリティの高いミュージックビデオに驚嘆の声が続々と寄せられています。

以下、海外の反応コメント

引用

美しい曲だなぁ

素晴らしいアニメ映画でも見ているのか?
脱帽だよ
なんちゅうアニメーションなんだ

短くまとめたアニメ映画
マジでいかしているよ

ジーニアスソングの一つだね
アヤセの狂ったようなアレンジ

まあスタジオSHAFTがアニメーションを担当しているからね

オーマイガー!
このMVの全てがアメージングだわ
ボーカル、アニメーション

この場をお借りして、このアニメーションに費やされた努力に感謝してもいいですか?
絶対的に美しい

歌詞を見ながら聴くと、曲の見方が変わるね
まさに名曲

この曲は私のプレイリストに恵みを与えてくれた🤩

くそっ彼らはファンタスティックでない曲を作れない

YOASOBIはただただ…完璧だ

2ヶ月たった今でもゴージャスに聞こえるよ

このような映画を公開すれば、大ヒット間違いなしだよ!!
この曲のように….映画も素晴らしいものになるはずだ(もし作られたら)

これをアニメ映画やシリーズものにしてほしいなぁ
でもそれはYOASOBIのほとんどの曲に共通することだね

YOASOBIの曲はどれも12話以上のアニメを作るのに十分な気がするのはどうしてだろう

どれも本や短編小説をベースにしているからね
そのせいだと思うよ

彼女の声にはとても癒やされるね
脳がマッサージされているような気分だよ

本当に素晴らしいね
アニメもストーリーも楽器もボーカルも大好き
この曲を聞くといつも胸がドキドキするよ

YOASOBIの一貫性は素晴らしい
彼らはすでに日本ではビッグネームだけど、それでも一貫性を欠かさないんだ
毎回、素晴らしい曲を作り出してくれるアヤセに感謝だよ
素晴らしい曲を安定して生み出すのは簡単ではないからね
尊敬している

原作小説を読んだ後だと、また違った印象になるね

アニメのOSTなどにはあまり興味がなかったんだけど、YOASOBIの曲にハマってからは聞くようになったよ

このミュージックビデオのアニメーションを見ていると、ペルソナシリーズを思い出すよ

どうしてかわからないが、この曲を聞いて涙を流してしまったよ
この曲の背景にあるストーリーは、真の愛の兆候を示しており、ゴージャスでワンダフルだ

MVを見ると、異なる時代を生きる2人がお互いに手紙を送り合っているようだね(時計が何度も出てくるのが気になる)
また、女の子の時計はローマ数字のヴィンテージ時計に見えるのに対し、男の時計はもっと現代的な時計に見える(服装でもわかるね)
4節の終わり頃(1:54)、彼女の時代に何かが起こり(人々が逃げ惑い、悲惨な背景がある)、サビの後では、二人が抱き合っている様子が映し出され、おそらく彼女はいなくなったのは、おそらく二人の最後の交流であることを示している
私が思うに、それは彼女の死だ

大正時代はいつから始まりいつ終わったのか、誰か教えてくれないか?

大正時代は、1912ー1926

また一つ傑作が生まれた